張本勲の監督批判にダルビッシュ有「コーナーを消してください」 長友佑都も苦言「非常に残念」

スポンサードリンク
 
スポーツ
PR

スポンサードリンク
 




ねとらぼ

ダルビッシュ投手(画像はダルビッシュ有Instagramから)

 

 夏の高校野球岩手大会の決勝戦で、高校生史上最速の163キロを誇る佐々木朗希投手を登板回避させた大船渡高校の判断について、7月28日放送のTBS系「サンデーモーニング」のスポーツコーナー「週刊・御意見番」に出演した野球評論家の張本勲さんが苦言。大船渡の國保陽平監督の判断に批判的な意見を述べると、これに対してシカゴ・カブスのダルビッシュ有投手がTwitterで、「シェンロンが一つ願いこと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナーを消してくださいと言う」と痛烈に批判。議論が白熱しています。

決勝戦で花巻東高校と対戦した同校は、準決勝まで9日間で435球を投げてきた佐々木投手の登板を見送り、2-12で敗戦。國保監督は、佐々木投手が故障する可能性を考慮して決断したことを明かしましたが、同校には抗議の電話が殺到した他、ネット上でもその起用法を巡って賛否両論が巻き起こりました。

張本さんは同番組で、「最近のスポーツ界で私はこれが一番残念だと思いましたよ。32歳の監督で若いから非常に苦労したと思いますがね、絶対に投げさせるべきなんですよ」と國保監督の判断を疑問視。「ケガを怖がったんじゃ、スポーツ辞めたほうがいいよ。みんな宿命なんだから、スポーツ選手は」「苦しいときの投球を体で覚えてね、それから大成したピッチャーはいくらでもいるんだから。楽させちゃダメですよ」など、あくまで登板させるべきだったという姿勢を貫きました。

これに対してダルビッシュ投手は、張本さんの発言をまとめたネットニュースを引用して件の“シェンロンツイート”を投稿。サッカー日本代表の長友佑都選手もTwitterで、「この記事が真実だとしたら非常に残念。苦境に立たせて大怪我をしたらマイナスでしかない。野球で生きていく選手なら尚更。監督は批判覚悟で選手の将来を守った英断。何度も言うが日程を選手ファーストで考えてほしい」と國保監督の判断をたたえ、張本さんの発言には苦言を呈しています。

さらに長友選手は、ダルビッシュ投手の投稿に対して「同意」と賛同の姿勢を表明。するとダルビッシュ投手は翌29日、「朝起きたらシェンロンツイートが10万いいね行っててビビる。しかもあの長友さんまで反応してくれるという。俺ならともかく、聖人長友さんを不快にしてしまうとはなかなかなレベルだなと感じたわ。思っている以上にあのコーナーへのフラストレーションは高いな」と長友選手にも触れながら、あらためて同コーナーおよび張本さんへの不満をあらわにしました。

ダルビッシュ投手の投稿には、「監督の苦渋の決断は間違ってないと思う」「投げさせなくて正解だよ! ここで肩を壊しては絶対に損だ!」「佐々木投手は大船渡のみならず、日本を代表するピッチャーになれる逸材。監督の英断に敬意を表します」など賛同の声が。「見たいというだけで、投げさせるなんてやめてあげてほしいです」という意見に対してはダルビッシュ投手がリプライしており、「自分ほど酷使をされなかった強豪校のピッチャーはいないと思います。2週間キャッチボールすらしていない時もありましたし、先発も県大会、東北大会共に準決勝からという感じでした」と肩の消耗が少なかったという東北高校時代の実体験を明かしていました。

引用:yahooニュースhttps://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190729-00000042-it_nlab-ent

コメント

 

  • tas*****

    こんなん選手によりけりなんじゃないの?
    一番近くで見てきた監督が出さないって判断したんだから、それが正しいんだと思う。
    外野がとやかく言うような話じゃない。

  • coz*****

    張本氏の自分勝手な主張には毎回腹立たしい思いです。
    だからあの番組は見ない でもネットで毎回「張本氏が…」と出て来るのも気分が悪くなる。
    自分も野球をやっていたから確かに肩が居たくても上がらなくても投げたい気持ちはわかる
    でも監督の気持ちはもっとわかる
    張本氏は監督が若いからと言ったが張本氏は年を取りすぎたわがままとしか思えない

  • 特撰 ヒレかつ御膳

    俺も野球経験者だけど、成長途上の
    高校生が怪我で選手生命を絶たれた
    という実態を目の当たりにしてた。
    特に投手は少なくないからね。
    ダルも勿論、プロ入り後に肘を手術
    した選手は多いでしょ。
    高校生の頃のダメージが少なからず
    影響しているんでしょうし。

  • y*****

    番組自体潰してもらいたいね。害しかないやんあの番組。

  • wxyz*****

    監督がきめたこと。張がとやかくいうことない。

  • 如月裕美(#ペンネーム)

    『決勝戦で花巻東高校と対戦した同校は、準決勝まで9日間で435球を投げてきた佐々木投手の登板を見送り、2-12で敗戦。國保監督は、佐々木投手が故障する可能性を考慮して決断したことを明かしましたが、同校には抗議の電話が殺到した他、ネット上でもその起用法を巡って賛否両論が巻き起こりました。』


    高校に抗議の電話を掛けてるバカなクレーマーたちが一番の害悪だよ。

    佐々木投手が高校に帰ってきて、
    「投げたかったのに!」と周囲に愚痴ってるっていうならともかく、きちんと現場で監督の判断を受け入れたワケでしょ?監督が苦渋の決断をしたことは佐々木投手本人が一番分かってると思う。
    そうであるならば、外野が「それはおかしい」とか「楽させちゃダメだよ」とかガタガタ言うべきじゃない。現場の声、選手の声を無視して何がスポーツマンシップだ?呆

  • oef*****

    監督の決断は良かったのか悪かったのかはわからいけど他の選手の事を言うのであれば、あの試合で投げた投手の事をもっと考えてあげても良いのではないか?
    1番悔しい思いをしてるかもしれない!
    この話題が出てくる度に辛い思いをしてるではないかと思う。

  • coz*****

    もう済んでしまったことなんだから、それに当事者達しか知り得ない内情もあるのだろうから、そっとしといてあげたらと思います。
    仮にもし投げてたらって仮説からくる推測はいくつもあり、優勝したかもしれないし、負けたかもしれない。怪我したかもしれないし完投したかもしれない。
    それとは別に事実として投げなかったことによる怪我の回避、4番打者なのに投手だけじゃなく野手でも出さなかったこと。
    どちらにせよ、たらればの話は今更なんだし、未来なんて誰も分からないし、何が正解で何が不正解なんてないと思います。
    でも一つ言えることは、張本の、痛くても投げるべきってくだらん根性論だけは正解ではないでしょう。

  • shi*****

    そりゃ、佐々木投手の決勝戦での登板を見たかったですよ!
    ただ、佐々木投手の状態を一番に分かっていたのは監督さんだろうから、外野がとやかく言うのは違いますよね…
    張さんには、高野連に準決勝と決勝戦の試合間隔を数日設けるような建設的な忠告をして欲しかったですが… 昔の野球観に縛られているから無理だったかなぁ?

  • avf*****

    選手を間近で見続け、指導してきた監督の判断を尊重すべきだと思います。監督は選手の肉体面、精神面、将来性等色々なことを考慮した上で苦渋の選択をしたんじゃないでしょうか。試合でプレーするのは選手、采配をするのは監督です。選手、監督や関係者の健闘に賛辞を送るのは別として、チームの内情も知らない無関係な人たちが批判めいたことをとやかく言えるものでははないと思います。無責任な外野の発言が選手と監督の信頼関係を壊さないことを祈ります。

 

タイトルとURLをコピーしました